明王院 五重塔
国宝
(1348年 南北朝時代)
29.1m

国宝の仏塔画像ギャラリーに戻る

国宝建造物一覧へ戻る

HOMEに戻る

明王院 五重塔(Myoo-in Temple)

寺伝では明王院の前身である「常福寺」は807年(大同2年)に空海(弘法大師)に よって創建されたとするが、伝承の域を出ないらしい。
 1348年(南北朝時代)に建立された五重塔は、純和様であり、相輪の刻銘には、この塔が当時の繁栄した草戸千軒 (川底に埋もれた中世遺跡として著名)の経済力を背景に、 ささやかな民衆の浄財を募って建立されたことが明記されているという。


(仏塔訪問日記)

国宝『明王院五重塔』についてはもはや、いい感想が思い浮かばない。私のような青二才が、この威厳に満ちた五重塔の 素晴らしさをどれだけ表現して並べても、その素晴らしさの半分も伝えられないだろう。

国宝に指定されている30基の仏塔はどれも、古さを抜きに考えても、他の仏塔とは別格の存在感を醸し出している。 そんな別格の国宝仏塔群を見てきた私の初見のインパクトは、この明王院五重塔が一番だった。
 たまたま興味を持って、日本全国の 仏塔を巡ってるうちに、こんな素晴らしい明王院五重塔に到達できたことを幸せに思う。

余談だが、私が参拝した時に、たまたま来てたカップルは、その彼氏の方が興奮気味に五重塔や本堂の写真を撮っているのに対して、彼女の方は というと、ほとんど境内に入らずに山門の外で 退屈そうに待っていた。
 どんなにありがたい国宝建造物も、興味が無い者にとってはただの古い建物でしか無いのであろうか。



初回訪問&撮影日(2010年08月16日)


国宝の仏塔画像ギャラリーに戻る

国宝建造物一覧へ戻る

HOMEに戻る

五重塔(国宝)


本堂(国宝)




五重塔(国宝)


書院(県指定重文)


交通アクセス

JR山陽本線「福山駅」から徒歩40分またはタクシー10分

駐車場有

仏塔巡礼ドライブ難易度 非常に易しい(★)

★1つ→非常に易しい
★2つ→易しい
★3つ→ふつう
★4つ→難しい
★5つ→非常に難しい

仏塔巡礼おすすめアクセス方法
駅から遠いので歩くと少し大変である。
広々とした駐車場があるので自動車がおすすめ

住所 広島県福山市草戸町1473


より大きな地図で 日本国宝&重文指定仏塔マップ を表示